MAKI'S CANDLEのこだわり

蜜蝋 (ミツロウ)とは?蜜蝋アロマキャンドルの効果効能とその魅力。

蜜蝋(ミツロウ)は、ミツバチの巣の材料。保湿効果が優れているので古くからキャンドルや化粧品やクリーム、ワックスなど、様々な用途で用いられてきた天然100%の成分です。私たちがミツロウにこだわる理由、その魅力についてご説明します。

蜜蝋 (ミツロウ)とは

ミツバチが巣を作るために腹部から分泌した蝋(ロウ)のことです。働き蜂は花の蜜を材料にして体内で蜜を合成して、腹部にある蝋線という期間から蝋を分泌します。そして、蝋線から分泌される蝋と花粉などを口の中で混ぜ合わせて巣を作るのです。つまりミツロウとは、巣そのものです。

別名、Bee Wax(ビーワックス)やBee's Wax(ビーズワックス)とも呼ばれるミツロウは、ろうそく、床や革製品のワックス、医薬品、化粧品の原料にも使われ、脂肪酸のバルミチン酸、ミリシルアルコール、花粉由来のビタミン、ミネラル27種類と22種類のアミノ酸、80種類の酵素、ポリフェノール、カロチンなどのさまざまな成分が含まれています。

蜜蝋アロマキャンドルとは

蜜蝋を原材料に、キャリアオイル、精油を調合して作られたキャンドルが蜜蝋アロマキャンドルです。蜜蝋の融点は約62度〜65度のため、非常にゆっくりと燃焼し、煤が出ず、とても甘い香りがすることから古くはローマ時代から珍重されていました。

特に注目されるのがその保湿効果です。天然で、安全な蜜蝋は保湿効果が高く、灯すことで、蜜蝋、キャリアオイル、精油に含まれる保湿の美肌成分全てが燃焼し、保湿成分がミストのように部屋に拡散するので、まさに理想的なキャンドルだといえるのです。

蜜蝋について

蜜蝋の香り

ミツロウの香りは、甘い香り、甘みの中にもさわやかな香りがするものなど、さまざまです。ミツバチは花の蜜を採取し、それが原材料となるため甘い香りがするのですが、そこに、ミツバチの唾液に含まれる酵素などが混入するため、香りにも個性が出てくるのです。

蜜蝋の色

ミツロウの色は、淡黄色、濃黄色、黄土色、茶色のものなど、さまざまです。色が異なるのは、ミツバチの種類や花の蜜の含有物の違いによるものです。花粉の色素も花によって違いがあるため、さまざまな色味になるのです。

蜜蝋の種類

ミツロウはハチミツを取り除いた後の巣を加圧圧縮したり、似て溶かしたりして採取しますが、黄色いものと白いものの2種類があります。黄色いものは未精製のミツロウです。これはいわば「生のミツロウ」で、目の粗いフィルターで濾すされており、蜜蝋の成分がたくさん含まれています。白いものは精製された蜜蝋で、目の細かいフィルターで濾して不純物が取り除かれています。

蜜蝋の値段

品質・香り・色によって異なりますが、日本産で1kg約3000円。海外産で1kg約6800円ほどの価格です。売っている場所としては専門店のほかamazonやネット通販でも購入することができますが、私たちは、あらゆる国内外の蜜蝋を研究しつくし、オレゴン州の養蜂家の作る理想のミツロウを使用しています。

蜜蝋の使い道

ミツロウは、ろうそくとしてだけではなく、様々な用途に使われています。例えば、クレヨンや粘土、家具・床・楽器などの木工用のワックス、靴や鞄・革製の椅子やソファーなどの艶出し用クリーム、彫刻・美術品・美術工芸品などのロストワックス、化粧品・クリームや口紅、医療用の軟膏、そして食用としても用いられてきました。

蜜蝋の効果

ミツロウは、保湿効果、抗炎症作用や血行促進作用もあるため、美肌効果が高く敏感肌や乾燥肌にもよいとされています。ヨーロッパでは傷や火傷に効果があるとしても使用されてきました。

蜜蝋キャンドルとアロマテラピーの密接な関係

よいミツロウならば、ミツロウそのものでもほのかな甘い香りがしますので、アロマテラピーと同様な作用があるといえます。さらに、そこに精油が加わることで、成分だけではなく香りも非常によく、エイジングケア、ストレスケアをすることができるのです。

蜜蝋キャンドルが心に働きかける作用

ミツロウは天然100%の蝋です。燃焼すると、気体になった蜜蝋がアレルギーの原因にもなる空気中のウイルス、カビ、花粉、ほこり、ダニなどを包み込み、さらに多量のマイナスイオンが発生することも分かっています。このことから、石油から採取するパラフィンで作られるキャンドルよりも、安全でかつ様々な栄養素を含むミツロウが最高の蝋だと言えるのです。

蜜蝋キャンドルの作り手のこだわり

永年探し求めた理想のミツロウとの出会い

小さい頃から、良い香りがするものが大好きで様々な香りグッズをコレクションしていました。大人になり気付けばアロマの香りとキャンドルの炎に魅了され、様々なキャンドルを購入しては灯して楽しむようになりました。

しかし、色々と試している内に、香りが強すぎるフレグランスや人工的な香り付け、石油系のパラフィンキャンドル等の不自然な香りに違和感を覚えるようになり、天然100%のキャンドルを探すようになりました。その中で蜜蝋アロマキャンドルに出会い『これだ!』とは思うのですが、キャンドルの中心だけが溶けるものや香りが今一つで気に入るものが中々ありませんでした。いつしか、自分自身が欲しいキャンドルを作ってみたいという思いにかられ、先ずは納得のいくミツロウを探すことに夢中になりました。

国内産や海外産のものを手当たり次第取り寄せては実験を繰り返していくうちに、香りも、色も、品質も良いミツロウをとうとう探し当てることが出来ました。

それが、オレゴン州の養蜂家ご夫婦が生産するミツロウでした。
すぐに渡米し、素晴らしい自然環境・生産過程・現物を確認し、さらにご夫婦のミツバチ達への愛情に触れ、間違い無く私が探し求めていた理想のものだと確信できたのです。
私自信が欲しかった、全てにこだわったキャンドルが完成

キャンドルの穏やかな灯火は、人の心を癒す力があります。
もう一つ重要な要素として香りがあります。キャンドルの成分は呼吸器を通して体内に入るものですので、エッセンシャルオイル(精油)も無害であるものを使う必要があります。

天然100%のミツロウと完全無添加のエッセンシャルオイルを使用し、バランス良く配合することで、私が理想としていた最高の癒し効果を発揮する蜜蝋アロマキャンドルが完成したのです。しかし、完成するまではとても永く大変な道のりでした。キャンドルの芯と蜜蝋との適合比率、ガラス職人による吹きガラスの器、丁寧に手作りするキャンドルケース、どこに出しても恥ずかしくないショッピングバッグなど全てがオリジナルで何ひとつ妥協せずにこだわり抜いて作りました。

長期間に及ぶ研究の末、完成した蜜蝋アロマキャンドルが『MAKI’S CANDLE』です。
天然100%の蜜蝋アロマキャンドルから発せられる不思議な力を、貴方にも体感していただけたら作り手として、この上ない喜びです。

プロフィール
氏名永江万紀
役職有限会社 カム・バランス 代表取締役
一般社団法人 日本キャンドルセラピー協会 代表理事
生年月日1953年生まれ
資格JNF認定サプリメントアドバイザー
JSDA認定メディカルアロマコーディネーター
JSDA認定ビューティアドバイザー
自己紹介キャンドル製作の傍ら、蜜蝋アロマキャンドルセラピスト養成講座開催
蜜蝋アロマキャンドルセラピーセミナー講師・アンチエイジングセミナー講師として活動
メニュー

閉じる