高級アロマキャンドル MAKI’S CANDLE

MAKI'S CANDLEのこだわり

永年探し求めた理想の蜜蝋との出会い

小さい頃から、良い香りがするものが大好きで様々な香りグッズをコレクションしていました。大人になり気付けばアロマの香りとキャンドルの炎に魅了され、様々なキャンドルを購入しては灯して楽しむようになりました。

しかし、色々と試している内に、香りが強すぎるフレグランスや人工的な香り付け、石油系のパラフィンキャンドル等の不自然な香りに違和感を覚えるようになり、天然100%のキャンドルを探すようになりました。その中で蜜蝋アロマキャンドルに出会い『これだ!』とは思うのですが、キャンドルの中心だけが溶けるものや香りが今一つで気に入るものが中々ありませんでした。いつしか、自分自身が欲しいキャンドルを作ってみたいという思いにかられ、先ずは納得のいく蜜蝋を探すことに夢中になりました。

国内産や海外産の蜜蝋を手当たり次第取り寄せては実験を繰り返していくうちに、香りも、色も、品質も良い蜜蝋をとうとう探し当てることが出来ました。

それが、オレゴン州の養蜂家ご夫婦が生産する蜜蝋でした。
すぐに渡米し、素晴らしい自然環境・生産過程・現物を確認し、さらにご夫婦のミツバチ達への愛情に触れ、間違い無く私が探し求めていた理想の蜜蝋だと確信できたのです。



私自信が欲しかった、全てにこだわったキャンドルが完成

キャンドルの穏やかな灯火は、人の心を癒す力があります。
もう一つ重要な要素として香りがあります。キャンドルの成分は呼吸器を通して体内に入るものですので、エッセンシャルオイル(精油)も無害であるものを使う必要があります。

天然100%の蜜蝋と完全無添加のエッセンシャルオイルを使用し、バランス良く配合することで、私が理想としていた最高の癒し効果を発揮する蜜蝋アロマキャンドルが完成したのです。しかし、完成するまではとても永く大変な道のりでした。キャンドルの芯と蜜蝋との適合比率、ガラス職人による吹きガラスの器、丁寧に手作りするキャンドルケース、どこに出しても恥ずかしくないショッピングバッグなど全てがオリジナルで何ひとつ妥協せずにこだわり抜いて作りました。

長期間に及ぶ研究の末、完成した蜜蝋アロマキャンドルが『MAKI’S CANDLE』です。
天然100%の蜜蝋アロマキャンドルから発せられる不思議な力を、貴方にも体感していただけたら作り手として、この上ない喜びです。



プロフィール

永江 万紀

氏  名
永江万紀
役  職
有限会社 カム・バランス 代表取締役
一般社団法人 日本キャンドルセラピー協会 代表理事
生年月日
1953年生まれ
資格
JNF認定サプリメントアドバイザー
JSDA認定メディカルアロマコーディネーター
JSDA認定ビューティアドバイザー
自己紹介
キャンドル製作の傍ら、蜜蝋アロマキャンドルセラピスト養成講座開催
蜜蝋アロマキャンドルセラピーセミナー講師・アンチエイジングセミナー講師として活動

PAGETOP